ブログ

2021.06.11更新

歯周病と全身疾患②

 

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日は歯周病と全身疾患についてお話しします。

 


《すい臓…糖尿病》
歯周病と糖尿病には相互関係があり、悪化させる要因となることが研究によって明らかになってきました。

 

歯周病によって発生した細菌が毛細血管に侵入して、インスリンの働きを妨げ糖尿病を悪化させてしまいます。

 

また、糖尿病で高血糖状態になると、免疫機能が低下していき感染症にかかりやすくなってしまうのです。

 


《腹…肥満・メタボリックシンドローム》
歯周病と肥満にも相互関係があることが研究で分かってきました。

 

食事の時に一口30回以上噛むことで肥満予防にもなりますので、食事中はよく噛んで食べましょう。

 


《骨…骨粗しょう症》
骨粗しょう症は、骨の強度が低下して骨折しやすくなる病気です。

 

閉経による卵巣機能の低下によって、ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が低下していきます。

 

そうすると、歯を支える骨(歯槽骨)がもろくなり、歯周病が進行してしまいます。

 


本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者
『和田デンタルクリニック亀戸』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

2021.06.11更新

こんにちはflower2
和田デンタルクリニック亀戸です

先日、新しいエアフロープロフィラキシスマスターがやってきましたglitter

お水の温度が調節できるので
普段しみたりされていた患者様も快適にメンテナンスを受けていただけますnico

ご不明な点などございましたらお気軽にご相談くださいtooth

 

エアフロー 

 

2021.05.21更新

こんにちはni和田デンタルクリニック亀戸です。

先日、当院に2台目のマイクロスコープが導入されましたstar
治療だけでなく、クリーニングでも使用していきますtooth

 

お気軽にお越しください。

 

マイクロ

2021.05.15更新

インプラント治療のメリット①

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日はインプラント治療のメリットについてお話しします。

 


『1.咀嚼機能の回復』
インプラントはあごの骨に直接埋め込み、それを土台として人工歯を取り付けるため、入れ歯やブリッジと比較すると安定性が非常に高まります。

 

そのため、天然歯と同程度まで咀嚼機能が回復し、食事をより楽しむことができるようになります。

 


『2.審美性の回復』
保険適用のブリッジや入れ歯には主に「レジン」や「銀歯」の素材を使用するため、目立ちやすいというデメリットがありました。

 

一方、インプラントの人工歯部分には、「セラミック」や「ジルコニア」を使用しますので、天然歯に近い自然で美しい見た目を手に入れることができます。

 


『3.取り外す面倒がない』
入れ歯の場合、取り外してお手入れをする必要がありますが、インプラントの場合は顎の骨と結合しているため、天然歯と同様に歯磨きでお手入れができます。

 

インプラントは虫歯にはなりませんが「インプラント周囲炎」という、歯周病のような病気になる可能性があります。
長期間ご使用できるように丁寧に歯磨きはしましょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『和田デンタルクリニック亀戸』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

2021.05.03更新

歯周病と全身疾患1

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日は歯周病と全身疾患についてお話しします。

 


《脳…脳梗塞・認知症》
歯周病菌の細菌感染によって血管内にプラークができ血管が詰まり、動脈硬化が促進されます。
この動脈硬化は脳梗塞を引き起こす原因となるのです。

 

また、歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいともいわれています。

 

歯周病が進むと歯の周りにある歯ぐきや骨が溶けていき、噛む力が衰えてしまいます。
それによって、脳への刺激が少なくなり、認知症のリスクが高くなっていきます。

 


《心臓…狭心症・心筋梗塞》
脳と同じように、歯周病菌の細菌感染によって、動脈硬化が促進され血管が細くなると、狭心症や心筋梗塞を引き起こすリスクも高くなっていきます。

 


《肺…肺炎》
喉の筋力が衰え、食べ物を飲み込んだ時に気管支に入ってしまうことがよくあります。
その結果、炎症を起こす肺炎を誤嚥性肺炎といいます。

 

誤嚥性肺炎を起こした患者の肺からは、歯周病原因菌がよく見つかることから、歯周病と肺炎には強い関連性があると考えられています。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『和田デンタルクリニック亀戸』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

2021.04.26更新

こんにちはni
和田デンタルクリニック亀戸です。

少しずつ暖かくなってきましたね
皆さまはいかがお過ごしでしょうか笑う

今月から、PHIJさんのベーシックコースに参加しています。
日々の診療に生かせるように、頑張って参りますglitter

 

勉強会

2021.04.20更新

歯周病のリスクを減らすために

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日は歯周病のリスクを減らすために大切なことをお話しします。

 


『歯周病のリスクを減らすために』
歯周病の治療で大切なことは、歯垢がたまらないように毎日ケアすることです。

 

歯垢(プラーク)は細菌の塊で、偏った食事や不規則な生活をしていると増殖し、歯周病を進行させます。
細菌は糖質をエサにして活動しているため、甘い物は制限した方がいいでしょう。

 


生活習慣を改善することで、歯周病にかかるリスクを大幅に減らすことにつながります。
この他にも、歯科医院で実施している検査やクリーニングなどを定期的に受けることが大切です。

 

ですが、もっとも大切なことは、毎日の歯磨きです。
歯磨きを丁寧にし歯垢を除去することで、歯周病予防になります。


歯磨きは、歯周病だけでなく口内環境を健康に保つためにも大切です。
正しい歯磨きの方法を身につけるためにも、歯科医院で歯磨きの指導を受けて毎日しっかりケアしていきましょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

 

江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『和田デンタルクリニック亀戸』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

2021.04.12更新

 

HI-ZACには口臭抑制物質VSCの揮発を抑制して、口臭を予防する効果があるそうですglitter

うがい薬、歯磨き粉、スプレーと
ご用意がございますので
ご気軽にお越し下さいnico

 

HI-ZAC

 

2021.04.04更新

ホワイトニングのよくある質問2

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日はホワイトニングのよくあるご質問にお答えしていきます。

 


『Q4.どのような人でもホワイトニングは可能ですか?』
A.無カタラーゼ症や妊娠中、授乳中の方はホワイトニング治療はできません。


また、18歳未満の方は成長する歯に影響を及ぼす可能性があるため、保護者の同意書が必要となります。

 

まずはかかりつけの歯医者さんにご相談して治療できるか判断してもらいましょう。

 


『Q5.ホワイトニングとクリーニングの違いは何ですか?』
A.ホワイトニングとは、歯の内部を漂白することで、歯の色を白くします。


一方、クリーニングは歯の表面に付いたステインなどの汚れを専用の器具で取り除くことで、歯本来の白さを取り戻すことができます。

 

歯面の着色汚れがひどい場合は、クリーニングで汚れを落としてからホワイトニングすることをオススメしております。

 


『Q6.ホワイトニング治療後に注意することはありますか?』
A.ホワイトニング後48時間程度は歯が乾燥状態のため、色の刺激が受けやすくなっています。


そのため、ホワイトニング効果を高めるために、色の濃い物の飲食や喫煙などはできる限り控えることをオススメします。

 

また、ホームホワイトニングをおこなう際は、事前に説明された使用方法や注意事項はきちんと守りご利用下さい。

 


本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※安心して歯科治療を受けていただけますよう当院では感染対策を徹底し治療をおこなっております。

 

江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『和田デンタルクリニック亀戸』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

2021.03.18更新

ホワイトニングのよくある質問①

 

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日はホワイトニングのよくある質問についてお話しします。

 


「Q1.どんな歯でもホワイトニングで白くなりますか?」
A.ホワイトニング治療に使用する薬剤は天然歯にのみ効果を発揮します。


そのため、セラミックや補綴物(詰め物や被せ物)等の人工歯は白くなりません。

 

また、抗生物質などの薬剤(テトラサイクリン系)により変色した歯の場合も、効果が期待できないことがございます。

 


「Q2.ホワイトニングに使用する薬剤は安全ですか?」
A.ホームホワイトニングは「過酸化尿素」を主成分とした薬剤を、

オフィスホワイトニングは高濃度の「過酸化水素」が主成分の薬剤を主に使用します。

 

どちらも安全性は立証されており、用法や注意事項を守って使用していただければ特に問題ありません。

 


「Q3.ホワイトニング治療にはどんな種類がありますか?」
A.
1.オフィスホワイトニング
⇒歯科医院にて高濃度の「過酸化水素」を主成分とした薬剤を使用したホワイトニング治療

 

2.ホームホワイトニング
⇒ご自宅にて低濃度の薬剤とマウスピースを使用し、ご自身で行うホワイトニング治療

 

3.デュアルホワイトニング
⇒1と2を併用したホワイトニング治療

 

4.ウォーキングブリーチ
⇒神経のない歯におこなうホワイトニング治療

 

 


本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために感染対策を徹底しております。

 

 

江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『和田デンタルクリニック亀戸』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

前へ 前へ

お口に関する症状・お悩みは、お気軽にお問い合わせください

初診のご予約はお電話にてご連絡ください。急患も受け付けますが、お待ちいただく場合もあります。

  • 診療時間9:00~13:00/14:30~21:00 03-5875-2222
  • contact_tel_sp.png
  • WEB予約はこちらWEB予約はこちら
  • EPARK 歯科EPARK 歯科
  • Doctors File  ドクターズファイルDoctors File  ドクターズファイル
  • EPARKデジタル診察券