ブログ

2021.10.20更新

こんにちはflower2亀戸WADA歯科・矯正歯科です。
先日、第6回目のphij さんの勉強会に行ってきましたnico
お写真はインプラントについての実習風景です。

 

勉強会

2021.10.16更新

歯茎が下がる要因10選①

 

 

亀戸WADA歯科・矯正歯科です。
歯茎が下がると「冷たい飲み物・食べ物がしみる」「(相対的に)歯が長くなる」などの変化が出る場合があります。

本日は「歯茎が下がる主な要因」を紹介していきます。

 


『1:歯周病』
歯周病になると骨が壊れて溶解し、それと一緒に歯茎が下がる可能性があります。

 


『2:強く歯を磨きすぎる』
強い力でブラッシングすると、歯茎が傷ついて下がるかもしれません。

 


『3:食いしばりや歯ぎしり』
就寝中に「食いしばり」や「歯ぎしり」をするクセがあると、「歯を支えている組織」や「歯そのもの」にダメージが及び、骨が下がって歯茎が落ちるかもしれません。

 


『4:被せ物や詰め物が合っていない』
「被せ物の縁(マージン)」や「詰め物」が合っていないと、その位置の歯茎に炎症ができて歯茎が落ちるかもしれません。

 


『5:よく爪を噛む』
「爪を噛む」など歯にダメージを与えるクセを持っていると、歯茎が下がってもおかしくありません。
「舌で歯を押すクセ」もよくありません。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『亀戸WADA歯科・矯正歯科』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

 

2021.10.16更新

歯茎が下がる要因10選①

 

 

亀戸WADA歯科・矯正歯科です。
歯茎が下がると「冷たい飲み物・食べ物がしみる」「(相対的に)歯が長くなる」などの変化が出る場合があります。

本日は「歯茎が下がる主な要因」を紹介していきます。

 


『1:歯周病』
歯周病になると骨が壊れて溶解し、それと一緒に歯茎が下がる可能性があります。

 


『2:強く歯を磨きすぎる』
強い力でブラッシングすると、歯茎が傷ついて下がるかもしれません。

 


『3:食いしばりや歯ぎしり』
就寝中に「食いしばり」や「歯ぎしり」をするクセがあると、「歯を支えている組織」や「歯そのもの」にダメージが及び、骨が下がって歯茎が落ちるかもしれません。

 


『4:被せ物や詰め物が合っていない』
「被せ物の縁(マージン)」や「詰め物」が合っていないと、その位置の歯茎に炎症ができて歯茎が落ちるかもしれません。

 


『5:よく爪を噛む』
「爪を噛む」など歯にダメージを与えるクセを持っていると、歯茎が下がってもおかしくありません。
「舌で歯を押すクセ」もよくありません。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 


江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『亀戸WADA歯科・矯正歯科』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

 

2021.10.02更新

インプラント治療のメリット②

 

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日はインプラント治療のメリットについてお話しします。

 


『4.周囲の健康な歯が長持ち』
インプラントは、単独で歯を立てられる治療法なので、周囲の歯にダメージを与えません。

例えば、ブリッジの場合は、失った歯の両隣の歯も削る必要があります。
また、入れ歯の場合残っている歯に金具をかけるため負担がかかってしまいます。

このように、周りの歯に影響を及ぼすため、寿命が短くなってしまいます。
一方、インプラントは顎の骨に埋め込むため周囲の歯に負担がかかりません。

 


『5.お手入れが楽』
入れ歯の場合は、取り外して手入れしないといけませんし、ブリッジの場合は、形が複雑なのでお手入れが大変です。
一方、インプラントは、基本的に天然歯と同様のお手入れですみます。

ただし、インプラント周囲炎という歯周病のような病気になるリスクがありますので、丁寧に磨くようにしましょう。

 


『6.あごの骨の吸収を防ぐ』
インプラントの場合、あごの骨に直接インプラント体を埋め込むため、噛んだ刺激を顎の骨に伝える事ができます。

あごの骨というのは、噛む刺激を受けないと段々と痩せていってしまいます。
そのため、噛む力が伝わらない入れ歯やブリッジは、徐々に骨が痩せてしまうのです。

さらに、インプラントの場合、骨の吸収を防ぐことで骨の高さや顔の張りを保つことができるため、若々しい見た目を維持できるのです。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では安心して歯科治療を受けていただくために、感染対策をおこなっております。

 


江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『亀戸WADA歯科・矯正歯科』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

 

2021.10.02更新

インプラント治療のメリット②

 

 

和田デンタルクリニック亀戸です。
本日はインプラント治療のメリットについてお話しします。

 


『4.周囲の健康な歯が長持ち』
インプラントは、単独で歯を立てられる治療法なので、周囲の歯にダメージを与えません。

例えば、ブリッジの場合は、失った歯の両隣の歯も削る必要があります。
また、入れ歯の場合残っている歯に金具をかけるため負担がかかってしまいます。

このように、周りの歯に影響を及ぼすため、寿命が短くなってしまいます。
一方、インプラントは顎の骨に埋め込むため周囲の歯に負担がかかりません。

 


『5.お手入れが楽』
入れ歯の場合は、取り外して手入れしないといけませんし、ブリッジの場合は、形が複雑なのでお手入れが大変です。
一方、インプラントは、基本的に天然歯と同様のお手入れですみます。

ただし、インプラント周囲炎という歯周病のような病気になるリスクがありますので、丁寧に磨くようにしましょう。

 


『6.あごの骨の吸収を防ぐ』
インプラントの場合、あごの骨に直接インプラント体を埋め込むため、噛んだ刺激を顎の骨に伝える事ができます。

あごの骨というのは、噛む刺激を受けないと段々と痩せていってしまいます。
そのため、噛む力が伝わらない入れ歯やブリッジは、徐々に骨が痩せてしまうのです。

さらに、インプラントの場合、骨の吸収を防ぐことで骨の高さや顔の張りを保つことができるため、若々しい見た目を維持できるのです。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

※当院では安心して歯科治療を受けていただくために、感染対策をおこなっております。

 


江東区亀戸駅から徒歩5分の歯医者・歯科
『亀戸WADA歯科・矯正歯科』
東京都江東区亀戸1丁目31−7
TEL:03-5875-2222

 

お口に関する症状・お悩みは、お気軽にお問い合わせください

初診のご予約はお電話にてご連絡ください。急患も受け付けますが、お待ちいただく場合もあります。

  • 診療時間9:00~13:00/14:30~21:00 03-5875-2222
  • contact_tel_sp.png
  • WEB予約はこちらWEB予約はこちら
  • EPARK 歯科EPARK 歯科
  • Doctors File  ドクターズファイルDoctors File  ドクターズファイル
  • EPARKデジタル診察券